「Google で、もっと。」から感じる違和感

画像検索で、 fashion show

クロームで ストリートライブ

Google Earth で 宇宙を冒険しよう

なんか最近テレビのCMまで出てきちゃって、色々、Googleクローム早いとか、検索は面白いみたいな

感じでやっているけど、どうにも違和感があるんだよね。

なんなんだろうなあ〜と感じていたら、どうも俺が思うには「プロ感」なんだと思うわけ。

どの映像も、なんか既存のタダで使えるGoogleの機能にアイディアを足すだけで「ほらね」って感じで見せているけど

すべてやっていることに卒がないというか、完璧すぎるんだよね。というか、「誰でも出来る風にみえる完璧」なんだよ。

女の子が画像検索で自分の身体に検索した画像あてて着替えるんだけど、縮尺と選択した画像が都合良すぎるんだよね。

プロジェクター使ったことがあるならわかるけど、あれだけでかく写せて高輝度のって、100万円クラスのプロジェクターしかないと思うし、しかも身体のサイズにぴったり合わせて投影するって相当難しいよね。どうにも気になるのが、洋服に合わせてポーズを決めるんだけど、あれってホントにおかしいんだよね。要は、本人は投影されている画像が分からない訳で、ぴったり調整するのは投影する側なんだよ。あれは、予め寸分違わないポーズを何度も練習してそこにぴったりと画像を投影しないとあんな風にはならないわけだから、どうにもオカシイ。

宇宙旅行の映像も、中古車をガレージに引っ張り出してきて、ガリガリやるんだけど、この時代にあの行為ってバブリーなんだよね。要は、捨てるしかない車をわざわざ作るわけで、どうにも時代にマッチしてないんだよ。随所にみせる、チープな材料が余計にその裏にある電飾(高輝度LED)の高価さをごまかしているようにしか見えない。そんで、50インチクラスのマルチモニターね。いかにもどこからか借りてきましたって感じだけど、あの場所って夜でも電動工具ばんばん使える郊外でしょ。あのモニター(テレビ)誰がどうやってもってきたんだよっていう。

撮影の品質も超高等技術で、暗闇でもしっかり感動の表情までわかる若者の顔。結構明るい部屋で撮影して、加工して暗くしているんだと思うけどホントに金かかっているよ。

あと、全員モデルだなってのが気になる。

とにかく気になるところだらけなんだよね。

「Google で、もっと。」から感じる違和感” への3件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">