戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る

[戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る]

俺が大好きな言葉なんだけど、今回の東電の件について、関連があると思ったし、「兵站(へいたん)」という非常に重要な要素について、日本は本当に苦手だなと思ったので書いてみる。

まず、「兵站(へいたん)」というのは、いわば戦争の最中において、大砲だ、けが人だ、戦略だと叫んでいるなかでの、「炊事係」だと考えると分かりやすい。ここでは単純に相手の戦力をたたきつぶすのが目的だとして、目的達成のための戦略というと、どれだけ火力を集めて、どんな殺し方や壊し方をするか、といったことになると思う。この状況で、兵士にどんな料理を提供するかというのが兵站の役割。つまり、戦争の目的とはベクトルが違うということ。

昔、日本軍は大量の兵隊を南国に送り出した。そのとき、「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」という言葉があった。「輜重(しちょう)」というのは、食料や燃料のこと、「輸卒」というのはそのまま、それを運ぶ兵隊のこと。つまり、「食料や燃料を運ぶような仕事は、兵隊とはいえない。くだらない仕事」という揶揄なのである。

日本軍は、兵站を非常に軽視していた。戦地に行けば、腹が減る。糞もする。武器は壊れる。弾丸も切れる。ガソリンも切れる。こういった補給を行う役割が軽視されていた。今思えば、信じられないだろう。そして、「輜重輸卒」にはいわゆる落ちこぼれの兵隊が採用される傾向にあったという。これでは適切に戦局が進む訳がない。事実、”ガダルカナル島の戦いやインパール作戦などのように極めて杜撰な補給計画が原因で、多くの餓死者や戦病死者を出している。”とwikiペディアに掲載されている。

他の文献でも読んだが、とにかく杜撰すぎる計画が、勝ち目のない戦争をより際立たせた。

さて、話は今回の福島原発に移る。

原子力発電所を作る、電気を生むというプロセスこそ、例えが悪いかもしれないが「戦争」なのである。事故が起きない限り、クリーンでスマートなエネルギー。しかし、この管理体制や、安全対策こそ、「輜重輸卒」にほかならない。原発はどんどん増やす、電力もどんどん増やす、管理者もどんどん増やす。ここに究極のウィークポイントがある。

原子力発電所自体は、いわば土地と、設計図と金と時間さえあれば、日本の土建屋さんがかなりいいものを作ってくれる。日本に足りないのは土地くらいだった。だから作るのは本当に簡単。問題はその管理者である。マクドナルドを増やすのとは訳が違う。一度反応を始めたら10年は動かすこともできない、非常にデリケートで高度な燃料をとりあつかう。燃料は反応を始めれば24時間発熱を続ける。管理する人間が24時間見ている必要がある。管理する人間を3交代制にすればいい、交代時間はかぶるようにすればいい、こういう発想で運用されている。本来であれば、一つ一つの原子力発電所に、日本を代表するような大学教授や、すべての建築過程を知り得た建築家や設計士、超一流の検査技師が選任でついていなければならないほどなのである。これが、最低限この「原子力発電所」という戦争を成功にみちびく最低限の「輜重輸卒」ということになる。

日本に大量に作られた原発にいる管理者たる「輜重輸卒」は果たして、その責任の重大さ、技術力の高さ、判断力の高さ、総合的にみて、非常に高度な人間であるということが自覚されていたであろうか。

おそらくは程遠い実態であろう。原子炉についての知識もなく、マニュアル通りにボタンを操作するだけの「輜重輸卒」。これでは、うまくいくはずがない。

勘違いしないでほしいのは、決して働いている従業員のレベルが低いということではないということ。間違いなく私より人間が出来てる大人が働いているだろう。ダメなのはその作業に配置する「戦略」がそもそも間違っていることだということだ。東大卒や、海外からの名門卒のエンジニアや、経験を積んだ超一流の大工や溶接工でなければいけないのである。また、その管理には、学問的にも、精神的にも成熟した一流がまかされる「エリート」の職場でなければならない。

これが原子力という仕事を行うための、最低限の準備ということになる。

この内容は実は今から1ヶ月も前に書いて保存しておいたものなんだけど、あれから1ヶ月で東京電力と、国は迷走し続けている。

今必要なのは、事態収束のための、「ゴミ捨て場」の確保につきる。放射性物質は、どこにも捨てることが出来ない。この状況をすでに国も東電も理解しておきながら、一向にこのゴミ捨て場の問題を公表しない。これが結局は「輜重」問題なのだ。原発を壊せば、原発のゴミが出る。これは事実。一刻も早くゴミ捨て場を用意せねばならない。

そしてゴミ捨て場の場所はもう決まっている。それは福島の原発付近である。住民の思い出も、家畜も、生命も、ご先祖様のお墓も、全て捨て去ってゴミ捨て場にしなければならない。日本中で原発が停止になったとき、そのゴミは10000年消えない。そのゴミを捨てる場所が必要なのだ。いま福島の汚染された土地を浄化するために必要なのだ。

実際その土地に先祖代々暮らしてきた方々は、絶対に許さないだろう。保障や謝罪の話ではないだろう。誰が自分の土地、思い出の土地、未来の土地を、核のゴミ捨て場にしたいだろう。だがしかし、もう起こってしまった事実なのである。まずゴミを集める。広く汚い場所を野放しにするのではなく、ゴミの集中管理。日本中、世界中の英知を集めてその土地を数百年以内に復活させる方法を考えよう。

私は震災直後、原発の恐怖で足が震え、その後様々な情報をみて、東京は安心だと信じている。福島は危険だと思っている。そして、危険でも命の危険はないと感じている。でも、その安全を公開した学者達を批判する学者もいる。もう俺にもわからない。だが、絶対にゴミ捨て場は必要だ。一刻も早く、本当の解決にむけて、勇気ある一歩を踏み出したい。

GW総括

4/29から昨日までのGW 途中仕事の日があったけど、なんだかんだで十分満喫できた!!

4/29 東武動物公園へ娘のプリキュアショーを見に行く。朝7時に起床。8時30過ぎに出発。パパは場所取りに走りました。

場所を取り、、、


馬(ポニー)に乗り、、、

ショーを見る。

暑かったなあ。

4/30 目黒美術館へ行く。

まあまあでした。

5/1 朝からコーヒーを沸かす。そうそう、風が凄く強い日で、娘と近所でテントを張った。

5/2 出社日、色々忙しくて帰宅は22時過ぎてたな・・・。

5/3 仕事のオオポカで、デザインを済ませに出社。震災日に乗って帰ってきた会社の自転車を返すのもかねて、約28キロの道中をゆく。

出発直後から曇り始め、雨の予感。。。約半分の距離にある千住新橋からのどんより景色。スカイツリーがどこにいても視界にはいるね。

案外あっという間の2時間コース。普通のチャリでタイムトライアルにチャレンジしたいな。

5/3 夜:新木場ageHa

ageHa × Mother presents GW Special 「DISTANCE」

着いたのが23時40分くらいで、なんかまばらな客入りで、今日も閑散ムードかなとおもったら、明け方3時アタリのテントは見たことのないくらいの混雑だった。D-NOXもホントに最高で、もう限界まで踊った感じ。次回はいつか。

はじまってすぐのプール。人いない〜。

もうアリーナは熱気と超ハイテンションで最高!!

5/4 クラブ帰りからの、睡眠→渋谷へNHKホール。お母さんといっしょコンサート。

パパは頑張ります。この夜に、越谷でオールのイベントに誘われるも、体力の限界にてキャンセル。ふいー。

5/5 柏餅を食べて、えーと、なにしたっけかな。そうだ。髪をきってもらった。OKUサンキュー!!

越谷で最高にクールなヘアサロンAnandaはこちら。

5/6 急遽、ディズニーシーに行くことになり、ある程度の混雑も覚悟で出発。

待ち時間0のオンパレード。

10時開園から、

ベネチアンゴンドラ、タートルトーク、アクアトピア、ストームライダー、スカットルスクーター、フランダーのコースター、

クラゲのやつ、コーヒーカップみたいなの、ふぐみないたやつ、キャラバンカルーセル、トランジットスチーマーライン、海底2万マイル、

ダッフィーのショー、とホントに待ち時間1分くらいだった。すごい日に行けて良かった。

なにげに夜のショーが凄い凝ってて、あれは正面から見られるなら、あれだけ見に行く価値もあると思った。ファンタズミック。

モモの強い要望により、ホテルに宿泊。金曜日というのに、料金は最低料金。5/6ってなんか特別な日なのか。超格安でとまれて良かった。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ 展望大浴場がついていて、子供連れにはうれしいね。館内も1階以外は部屋着で移動OKってのも子供にはやさしい。部屋は折角のオーシャンビューだったけど、次の日はあいにくの雨天で、残念。

5/7 西新井大師へ行く!!

ちょっと用事で、西新井は、西新井大師へ。

んー、いやあ色々充実してたね。はい。おしまい。

次回は沖縄だな!!!!!(希望)

野点 nodate in 明治神宮!

ちょっと前の話だけど、4/24の日曜日、「国際野点協会(INA)」のお茶会に行ってきました。

前回もお招きいただいた時、とにかく楽しかったのでまたワクワク気分で「明治神宮」へ向かいます。

滅多に行かない原宿に降り立つ。明治神宮の中に入るのはこれが初めて。

にしてもすごいいい天気だったなあ。

この日以外は飲食禁止の広場にて、お茶をいただきます。

もう暑いくらいの陽射しで、ゆったりした時間をすごせました。

帰り際、境内では結婚式が。赤い番傘と、青い空。くっきりした影が日本の文化を感じさせますね〜。

お幸せに!!

【電力と金を考える】第1回:太陽光発電の歴史(アメリカ編)

意外と奥深い。アメリカでかつて栄えたソーラーが廃れた理由

電力と金を考えるシリーズ、を書いていきたいと思う。

gizmodoに良い記事があったので、その記事を抜粋しながら、まず第一回は、「太陽光発電」がどうしてメジャーにならないのかについて考えてみよう。

太陽光発電はアメリカでは100年も前から実用化されていて、60年位前(ちょうど第二次世界大戦、太平洋戦争の頃)にはフロリダでは10万台も設置されていたみたい。(ただし、これが太陽光発電なのか、太陽光湯沸かしなのかは不明)なぜ、理想的でクリーンな(CO2や、人体に影響がある物質をまき散らさないという点で)太陽光エネルギーが廃れてしまったのだろうか。

それが、図で示した仕組みで明らかになる。

それは、太陽光エネルギーを得るための機材のコストにあった。太陽光の機材には、銅が使われるが、当時「ガス」を敷設するためにも「銅」の価格が高騰していたらしい。銅の価格が高騰すれば、太陽光機材も高くなる。高い機材を購入するのは一般消費者であり、当然敬遠される。ここで着目したいのが、恐らくはガスの敷設についても同様に銅の価格が高騰したはずだが、ガスには何故影響がでなかったのか?ということである。きっとガスの敷設は企業ではなく、国とか州の予算だったのだろう。これでは、企業が太刀打ちできる話ではない。

そして、完全に「太陽光機材」をぶちのめすのが、新築住宅とセットになった「電気式湯沸かし器」である。元々の家に、追加でお金をついかせずに、湯沸かし器が付いてくる。この仕組みで消費者は太陽光機材を選択するメリットを失う。ココでも着目ポイントがある。何故、住宅メーカーが「電気式」を選択したのか?ということである。ここが世界の変わり目だったと私は思うのだが、電気式湯沸かし器が、絶対的にコストが安かったのだろう。(おそらく電気会社が大量生産したとか、そういう資本戦略以前に、太陽光機材のイニシャルコストが高いのだと思う)たまたまコストが安かった「電力式」を住宅メーカーが採用したことが、事実上の「太陽光機材」への決別となってしまった。

もうひとつ付け加えると、1900年当時、ガスの使い道に困っていたほど(タダ燃やすだけ)の資源をどうにか使いたかったという「動機」が気になる。ここはそのうち分かるだろう。
もちろん、この仕組みが現在の日本のオール電化にそっくりなことはいうまでもない。

次回は、「風力発電の実際」についてを書いてみたい。つづく。

未来構想

原子力は本当に要らないだろうか。俺は原子力は技術者の英知によって必ず制御することができると信じている。

だからこんな構想を考えてみた。福島原発跡地には、数百年は人が住むのに適さない量の放射性物質が残るだろう。そういう土地こそ、原子力の廃棄物を捨てる場所にしたらいいのだと思う。捨てる、というと厳しく聞こえるけど、もう俺たちはゴミだけで東京湾埋め立ててんだからね。何がしみ出てるかなんて知らないでしょ。よっぽどそれのほうが怖いよ。

構想1:超発電設備。この際、数機の発電施設では話にならないので、高さ1000メートル級の超発電施設を12棟建てる。その中には、高さ60mの軽水炉が積み重ねて設置されていて、効率よく発電することができる。

構想2:発電した電気は、「超伝導ケーブル」で輸送。これまで、一般の高圧電線を使って電気を送っていたので、ものすごい量の無駄があった。これを、事実上ロス0の超伝導ケーブルを日本中に張り巡らせることで、無駄のない送電を実現。

構想3:地下に巨大施設の建造。原子力発電所は、信じられない程危険な廃棄物を生み出す。これを保管する場所が世界中でも問題になっている。このゴミを一手に引き受けるのが福島原発跡地の地下2,000mに建造する施設である。諸外国から不要となったゴミを高額買い取りを行う。

構想4:超耐震、超津波対策。震度10の直下型地震にもびくともしない、建築構造と、物理的に100m程地上から床あげしてある原発施設により、津波の被害を全く受けない構造にする。この設備をアメリカや諸外国に売ることにより、大きく国益をうむ。

構想5:山間部に大量に備え付ける火力発電群。山間部には、常時火力発電を交代で動かし(合計1,000台/常時100機程度)常に送電し続ける。超耐震設計でありながら、万が一全ての原子炉が緊急停止した場合に、火力発電が一斉稼働し、約3年間程度の連続稼働を行う。そのため、備蓄の石油はタンカー数百隻分にも相当するが、その保管場所も地上+地下、近郊施設に分散させ、リスクを低減する。

電気過ぎる未来。飛行機も電気で飛び、節電という言葉は事実上消える。日本の電力は全て無料となり、近隣国家へ電力を超伝導ケーブルで輸出する。化石燃料に頼らない、世界でもっとも豊かな国。

これでいいんじゃないかな。

暗い銀座とチャリティageHa

震災から4週間。銀座のネオンは消えて、それはそれは寂しいものです。いままでのネオンって何だったのかなって位、あっさりしてるね。でも、震災の自粛ムードでクラブの営業も止まっていたageHaが、チャリティパーティー開催で、営業スタート!!ってことで、言ってきました!!いやあ、アリーナだけで、
□GENRE : TECHNO & HOUSE
A. MOCHI / AMIGA / BREMEN / DEXPISTOLS / DR.SHINGO / DSKE / HARRY / HIDEO KOBAYASHI / HYOTA / KAORU INOUE / KEN ISHII / KO KIMURA / KOUICHI HIROSE / KYOSUKE TANIGUCHI / MASANORI MORITA / MAYURI / OMB / OSAMU M / Q’HEY / SATOSHI FUMI / SUGIURUMN

このラインナップだよ。これで、エントランスフィー¥2,000がall義援金!って最高じゃねえかっていう。

ちょっと休憩がてら、ちょっとレゲエ&ヒップホップに初めてのぞいてみたんだけど、いやあ結構楽しいよね。マイクが入っているDJってなんかいいよ。暗いところでゴチャゴチャしてるのが個人的には好きなんだけど、ああいうのもいいね。

すてきな出逢いもあり、プールで見上げる星空も、朝日のきれいなのも、本当にageHaのいいところよなあ。

若干省エネライティングだったのと、(エントランスのシャンデリアが消えているなど)お客がちょっと少なすぎたのは、きっとまだまだ皆の心が不安だからだと思う。でも大丈夫。きっとよくなるし、よくしていく。

暗い銀座

アゲハチャリティパーティー

自転車欲しーな

震災で都内の自転車が全部売れてしまったとか売れかなったとか。いやはや、最後はガソリンではなく己の足というのは仕方のない話です。

ところで、GIANTのこのピンクのチャリちゃんが可愛いので欲しいです。53000円とか、廉価だよね。今年はスノボ我慢したからこいつでも買って走りまくろう!!

現物を観に行かないとな。

福島原発まとめ

信用に足ると思われる情報を3/12以降、ひたすら探してみつけたので、これからの行動の指針にしたらいいと思う。

1:基準となる知識

放射能漏れに対する個人対策

2:現在自分がおかれている状況を確認するためのサイト

全国の放射能濃度一覧

上記2点の知識から、常に自身の安全に注目することが、今とりうる最大の対策であろう。

結論から言って、3/28現在、東京、埼玉、千葉においては、外部被曝については平常生活に支障はない。

どうしてかというと、東京新宿の放射線データは、2番より、0.113μGy/h【3/28】を参照し、1番の基準である、「妊娠初期の人で3マイクロSv/時」は問題ないという部分から、現在は、0.113μGy/h < 3.0μSv/h(グレイとシーベルトの単位換算は現在同等と見なしてよい※参照)となり、妊婦の安全基準の1/10であることから、問題はないとみなしていいだろう。ちなみに、東京新宿の過去平均放射線量は「0.036~0.056μGy/h」であから、現在はその約2倍ということになるだろう。

正直私も、奥歯が痛くなるほどチビっている。しかし今はどんな不確かな情報も信じるべきではない。


このほかに、良いこと書いてあるなあ・・・と心の底から思った信用たるリンクを掲載しておきますので、各自の勉強にしてください。

原発がどんなものか知ってほしい

2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会(前半)

2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会(後半)

放射性物質の影響:山下俊一・長崎大教授

「もんじゅ」という信じられない程の脅威について

「もんじゅ」についてはあまり詳しい情報がみあたりませんが、wikiペディアからでも、知っておくべきでしょう。高速増殖炉という究極機関については、もう私の理解の遙か先を行っています。しかし起きていることは事実です。

作業ミス続出に「落下事故」 「もんじゅ」運転再開できるか

『もんじゅ』課長自殺周辺の不審な巨額費用


そして最後に、広島、長崎は1000年人が住めぬ廃墟と言われ、現在400万人の住人が幸せに暮らしています。もちろん後遺症に悩む多くの被災者2世、3世もいるでしょう。しかし、人類のいわば我々の解決力は1000年の時間をも数十年で解決する力があります。必ず福島は復活するでしょう。いや俺たちの故郷は、俺たちで復活させなければなりません。奇しくも3/11は、東京大空襲の66年目。66年前の今頃、煤だらけで全てを失った東京を前に、日本は終わったと感じた人も少なくないでしょう。でも66年で東京はスカイツリーまで建てました。さあ、今度は我々が66年後の未来に向けて、次代への1歩を踏み出すときなのだと強く感じます。

かっこつけてしまいましたが、本当にそう思います。ピンチはチャンス!原子力さえも自在に操つり、100mの津波も恐れぬ未来のスタートなのです。

ラーメンでも食べて、呑んで、明日もがんばろう!